作業の手順・流れ

女性

引越し当日に業者が来たらまずは荷造りから始めてくれます。ここでも気持ちのいい挨拶がある業者だと嬉しいですね。荷造りは業者もしてくれますが、これは事前に自分でやっておくことももちろんできます。衣類や小物類を詰めたり、本を詰めたり縛ったりするなど自分でできることは前もってしておけば当日の引越しがより円滑にもなります。荷造りが完了したら、次は家具や家電などの梱包をしていきます。机やソファなどにもしっかりと保護資材を取り付けてから安全に運搬してくれます。タンスなどを運ぶ時も中身はそのまま入れていてもいいですが、もしも荷造りの時に余裕があるなら中身は別で荷造りしておけば運ぶ際の業者スタッフの負担を軽くしてあげることができます。荷造り、梱包が終われば次は搬出です。荷造り梱包したものをトラックまで運んで載せていきます。搬出の際に注意しないといけないのが大型の家具や家電などが部屋の出口や通路、エレベーターなどを利用して運べるサイズかどうかということです。これは前もって見積もりを取る際の自宅訪問で忘れずに確認しておきましょう。当日の引越しでこれらの搬出ができなかったり、うまくいかない場合に追加料金が発生したり予定時間を大幅に過ぎてしまったりとかなりの影響がでることになります。そうならないためにも事前に荷物や通路や出口の幅を測ったりなどして把握しておくことが重要になります。このように引越しをする際は事前の準備がとても大事になります。最後はトラブルなく気持ちのいい挨拶で終われるように心がけていきましょう。

Copyright© 2018 引越し時は気持ちい挨拶から始めましょう! All Rights Reserved.